遺品整理も専門業者に依頼|保管・処分の仕分けや原状回復まで手助け

手続きの費用

お葬式

相続することが決まった場合、財産がプラスだったら良いですが、借金の財産というケースも考えられます。親の借金を肩代わりしなければならない事態が発生してくるのですが、これを回避する方法があるので覚えておきましょう。

日本では葬儀の一環

大勢の人

自治体による火葬禁止の条例はあるが、地域によっては火葬の割合も高い。また、慣習として現存しているものだが、都市部では認識の差もあり葬儀の過程として当たり前に火葬があると考える人が多い。

葬儀の種類

棺桶

マナー

仏教と共に中国、朝鮮半島に広まりました。日本で最初の火葬は、道昭という僧で700年に行われたとされています。食事の際に、箸から箸へと食べ物を渡すことをマナー違反と厳しく教えられた方が多いといわれています。これは、渡し箸といい「三途の川の渡し橋」として骨壷に骨を納めていく方法だからです。箸を使い、2人1組になり(3人1組の場合もある)1つの骨の端と端を持って骨壷に納めていきます。これは、三途の川を無事に渡ってほしいという願いから始まったとされています。骨上げは故人と血の繋がりが近い親族から友人という順番に行われます。お骨拾いは、足の骨から上半身といった下から上へ順番に行われます。地方によっても、歯から拾う地域もあります。喉仏は、お釈迦様が座っているように見えるためお舎利と呼ばれるようになりました。このお舎利は喪主と次に縁の近い2人が最後に拾います。このように火葬とは、遺体を焼却しただけで終わりではなく、骨を拾って葬るまでが一連の流れとなっています。火葬とは、必ずしも普通の習慣ではありません。世界的に見ると、儒教では火葬は身体の毀損行為として禁止されています。これは、中国の歴代王朝の法典においても禁止が明記されています。ユダヤ教、そしてこれに起源を持つキリスト教、イスラームでは火葬の禁忌が強くあります。これは、最後の審判における死者の復活の教義を持っているためであり、この際元の体が必要とされているからです。日本では一般的に遺体を焼却し、葬るという方法が行われています。しかし、日本国内で暮らすイスラム教徒が、土葬を行える墓地を自力で確保した事例もあります。このような宗教圏では、遺体を焼却することは死者への侮辱ともいわれてしまうのです。

葬儀にもいろいろな形があるように、遺品整理もたくさんやるべきことがあります。故人の洋服や思い出の写真など、分別するものも数多くあります。一人分の遺品だとはいえ、かなりの量になることもあるのです。また、遺品整理が終わったあとには原状回復が必要な場合もあります。体力も時間も必要な作業ですから、遺品整理業者に依頼することをおすすめします。遺品整理業者は、遺品の整理だけではなく、原状回復まで引き受けてくれるところもあるのです。部屋に染みついたにおいや汚れをきれいにしてくれます。プロならではの作業をしてもらえるので、遺品整理は専門業者に依頼すると良いでしょう。紹介サイトもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

お墓に行けない

お墓

「お墓に行けない」そんな事情を持っている人に朗報です。気になりながらも行けなかったそのお墓に、代わりに行ってくれるお墓参り代行のサービスを引き受けてくれる業者がいるのです。