遺品整理も専門業者に依頼|保管・処分の仕分けや原状回復まで手助け

日本では葬儀の一環

大勢の人

火葬とは、死者との送別のため、あるいは死者への弔いのために遺体を焼却することである。広義では、それらを伴う葬儀全般を呼ぶこともある。国や地域、思想や宗教によって実施される割合が大きく異なり、仏教では推奨され普及している。一般に日本では遺体の最終処理であって、葬儀としての種別としてではなく、過程の一つと認識されている。日本での歴史日本において火葬は仏教伝来と共に伝わったとされ、8世紀頃から当時の皇室を含め公家や武家などで広まりだした。明治になるまでは費用や手間、民間伝承などの思想的な意味や慣習もあって広くは普及せず、さらには明治政府による神仏分離令に関連して禁止されたこともあり、多くの一般人は土葬されていた。火葬が一般的に普及したのは戦後であり、都市化が進むにつれ家族単位での墓所が増えだしたことで場所をとらない形式として、さらには公衆衛生上の理由もあって広まった。それでも昭和の中頃までは普及率が5割にも満たなかったが、葬儀の一環として組み込まれるようになったことや、自治体などによる施設の整備も影響して今ではほぼ100%近くまで普及している。現状、今の日本では、離島や山間部など施設がない場合や、災害などでの緊急対策、あるいはあえて土葬を望む場合などを除いても、ほぼ100%に近い割合で火葬されている。法規的に焼却処理以外の方法を禁じているわけではないが、行政では衛生管理の一環として推奨している。