遺品整理も専門業者に依頼|保管・処分の仕分けや原状回復まで手助け

手続きの費用

お葬式

相談の方法

相続が決まった場合はいくつかの方法でも相談は可能です。まずそのまま肩代わりしてしまうケースですが、これを単純承認と言います。これは3ヶ月間なにも手続き無しでいると、単純承認となってしまい借金を含めたすべての財産を継承してしまうのです。親の借金を肩代わりしたくないのだったら、対策をしておきましょう。それが相続破棄になります。手続きを3ヶ月以内にしておけば、借金を含めた財産をすべて肩代わりしなくてもよくなります。最後に説明するのが、限定承認です。プラスの財産範囲内から、マイナスの財産を引き継ぐ方法になります。プラスかマイナスどっちの財産が多いかわからない。後から借金してることが判明してプラスの財産よりマイナスが多かった場合に使えば精算してマイナス分を払う必要がなくなります。逆の場合は、プラスの財産貰えます。このように借金や財産の相続の問題は親族で解決できない場合が多いので、弁護士に相談すると良いでしょう。

葬儀のお金

葬儀を行うのも、お寺で供養するのも無料ではありません。もちろん、それだけお金がかかります。普通の葬儀を1回行うのに、一体いくらかかるのかご存知でしょうか。実は、日本での平均葬儀額は300万円だと言われています。さらに、ここからお寺へのお布施、戒名代、お墓代などの諸費用が別途でかかります。そうなると非常に高く、痛い出費になってしまいます。最近では、生命保険の中に葬儀費用が組み込まれているものもあります。しかし、このタイプでも全額負担とは行きませんので注意が必要です。また、市町村によっては自治体等が葬儀費用を負担してくれる事もありますので、お金が無いのならそのあたりをチェックするのも良いでしょう。最近では、この金銭的な余裕の無さから、普通の葬儀では無く家族葬や直葬と言うような規模の小さい物、または必要最低限の事のみを行う葬儀方法で行われる事が多いです。